中国共産党指導部への公開書簡発表 ・・・外山上表文の中華主義者宣言


世紀の大陰謀である。

国慶節つまり本日10月1日の中国・建国記念日を祝し、中国共産党指導部に宛てて、日本を代表する革命家として、ほめご……いや心からのお祝いの手紙を、公開書簡の形で発表した。

以下がそのURLである。

 

fireshot-screen-capture-171-www_warewaredan_com_wai-shan_html 中国共産党への公開書簡

 

当たり前だが全文中国語である。中国語も日本語も完璧にできる人をさまざまなツテを頼って探し、翻訳してもらった。日本語の原文もそのうち何らかの形で公開することになると思うが、現時点では中国語版だけを公開している。

本当は昨年中、できれば12月8日あたりに“戦後70年談話”と称して公開したかったのだが、その時点ではまだ翻訳してくれる人が見つかっておらず断念した。

 

先日、『週刊SPA!』のweb版である「日刊SPA!」に、「『選挙に行くな! そして日本は中国に朝貢せよ!』 外山恒一の主張をあなたはどう思う?」と題したプチ・インタビューが掲載され、“炎上”というほど大したことはないが、大顰蹙を買い、例えばYahoo!ニュースに転載されると1500件以上の批判、非難、罵倒のコメントがついた。

twitter上などでかれこれ3、4年前から(私的な場では10年ぐらい前から)私は“中華主義”を小出しに標榜してきてはいたのだが、大々的には、上記「SPA!」の記事が私の最初の“中華主義者宣言”となったと云ってよかろう。

しかしみなさん、案の定、とても中国がお嫌いらしい。

国際関係、あるいは外交や軍事は“好き嫌い”を云ってても始まらず、現にとんでもない超大国が近隣に勃興してきた以上、これとどう付き合うかを真剣に考えなければなるまい。“中華主義”は私なりの答えであり、またそれは単に外交論であるにとどまらず、同時に“選挙に頼らずにどうやって革命政権を樹立するか”という難問への答え、つまり革命論である。

もっとも件のインタビュー記事はごく短いもので、かつ多分にオフザケ的な特集企画の一環なので、私の話した内容はそもそも真剣なものとは受け取られにくかっただろう。私としてもそれは重々承知の上で、要はまずはもったいぶって“出し惜しみ”してみたまでである。

中国共産党指導部への公開書簡の発表に合わせて、近々もっと本格的な、計1万字以上の“中華主義”喧伝インタビューが某サイトで配信される予定である。読んで驚け。

 

さて、この公開書簡、“中国共産党指導部”が読んでくれるかどうかは分からない。まあ、少なくとも今日明日とかに読んでくれることはないだろう。しかし「バーカ、永遠に読んでもらえねーよ!」とお思いか?

それは中国人民の反応によるのである。

中国語が読める人は読めば分かるし、読めない人もいずれ日本語版が公開された時に読めば分かるが、「いやもうこちとら東夷の野蛮人でございまして」的にヘリクダりまくっての中国ほめご……いや大絶賛である。「中国こそは世界の中心、我々未開の蛮族に文字も道徳(儒教&仏教)もすべて教えていただいて、いくら感謝してもしきれません」とヨイショしまくり、中国人が読むやどんな“反日憤青”にも効能テキメン、たちまちスコブル気持ちよくなってしまうことウケアイの文面なのである。「かの悪辣な侵略戦争の非を認めようさえせぬ日本鬼子どもめらと憎々しく思っていたが、中には身の程をわきまえたウイ奴もおるではないか。苦しゅうない。近う寄れ。褒美を取らせ」とか云われかねないのである。

私は中国でチョー人気者になってしまうかもしれない。蒼井空か外山恒一か、ぐらいになりかねない。

仮に中国人の10人に1人が外山ファンになってくれれば、日本人より多いのだからザマーミロである。まあそこまでいかずともよい。100人に1人でも軽く一千万人だ。そうなれば中国共産党指導部も私の存在を多少は気にかけてくれるようになるだろう。

それに国内では国会の議席はおろか地方議会にも1つも議席を持っていないようなショボい政治団体の代表がなぜか中国人民に大人気、ということになれば、さすがの安倍ちゃんも恐ろしくて夜も眠れまい。
これはそういうインボー、いやもうまさに漢字でおどろおどろしく表記するにふさわしい大陰謀なのである。

 

問題はこの公開書簡の存在をどう中国人民に周知させるかである。

なにせ私自身が少しも中国語ができないもので、中国の“2ちゃん”みたいなところに書きまくる、ということができない。

とりあえず中国版twitterと呼ばれる「微博」にアカウントを作ってみた。「外山恒一 日本的革命家」である。

 

fireshot-screen-capture-172-%e5%a4%96%e5%b1%b1%e6%81%92%e4%b8%80%e7%9a%84%e5%be%ae%e5%8d%9a_%e5%be%ae%e5%8d%9a-weibo_com_u_6034836977_is_all1_loginlayer_1475387000235http://www.weibo.com/6034836977

 

プロフィールには、公開書簡から一部を抜き出して

「这次让我们回到各自原本的关系位置上去,贵国为盟主,我等为支持您的一员,携手并肩,彻底击碎暴虐的欧美列强妄图控制全世界的狼子野心」

と書いた。

ココだけチラ見せしとくと、日本語原文は、

「今度こそ、あなたがたが盟主、我々はそれを支える一員という本来あるべき関係のもと、共に手を結び、かの暴虐なる欧米列強の世界支配の野望をいよいよ最終的に打ち砕いていこうではありませんか」

である。中国人大喜び間違いなしだ。

最初のつぶやきとして、公開書簡の書き出し、

「仅有日出之处为吉这一点值得自满的东边边境国度中渺小的(国家)社会主义政党的小头目,向即便被贬低为日末之处也不放在心上的,统治世界超级大国的社会主义政党的伟大领导人们致信。愿诸位无恙」

と書き込んで、全文のURLを添えた。ココまでサービスでチラ見せしとくと、「日が昇る方角にあって縁起がいい、ぐらいしか自慢できるところがない東の辺境のしがない(国家)社会主義政党のお山の大将が、日が沈む方角にあるとかディスられたところで痛くも痒くもない、世界に冠たる大国を統べる社会主義政党の偉大な指導者たちにお手紙します。つつがなきや」である。

ただ何度も云うように中国語ができないので、「微博」にはあまり書き込むことはないと思う。

Facebookにたまに外国人からの友達申請がくるのだが、その中には台湾人など中国語圏の人もいる。そういう人たちに、以下のメッセージを送った。

你好!
http://www.warewaredan.com/wai-shan.html
我 wrote 信 to 中国共産党指導部 as 日本的革命家 on 国慶節。
Maybe it’s 有趣、though there is 傾向 of 日本的過去的戦争 正当化。
This 信 is written in 修辞 of 日本的伝統技術「ほめごろし」(=「褒&殺」=「打倒 by 過剰的称賛」)。
我 希望 as many 中国人民 as possible 讀 it 。
But 我 can’t 讀 中文、and 不知 where 我 should 發表 it。
Please 協力 拡散 it on 中国的 web。
On many 中国的 電子掲示牌 or SNS 及其他、記入 上述URL or 全文。
請多關照。

 

漢字ってなんて便利なんだろう。まったく中華帝国様には素晴らしいものを教えていただいたものだ。

私はたまに中国語圏の人と意思疎通をしなきゃいけなくなった時には、この方式の筆談で乗り切ることにしている。かなり込み入った政治的な議論でもこの方式で何の問題もないことは実証済である。「微博」に今後書き込むとしても、時々この方式でということになろう。

まあ、中国語のできない私が自力でやれるのはせいぜいこの程度である。この世紀の大陰謀にワクワクできるセンスのある諸君はぜひ加担してほしい。中国語ができる人は中国語で情報拡散してほしいし、できない人も周囲の中国人に広めてほしい。

我ながら今回の陰謀は超弩級だと思う。万が一、私がファシズム革命政権の樹立を成しえなかったとしても、この公開書簡=“外山上表文”は、50年後、100年後の日本史教科書に載ってるだろうと結構本気で思っている。