「web版『人民の敵』」は、外山恒一の日々の活動を報告するための“ウェブ・マガジン”的なサイトで、外山が紙媒体で毎月発行している『人民の敵』の姉妹誌的な位置づけです。

ただし紙版の“本誌”『人民の敵』とは内容は大幅に異なります。紙版のほうは、毎月2、3本の、主に外山と誰か(左右の政治活動家だったり元活動家だったり芸術方面の人だったり)の対談、座談会、あるいは(外山から誰かへの)インタビューといった、つまり“トーク”のテープ起こし原稿が掲載され、分量的にも毎号(原稿用紙換算)約200枚分という本格的な読み物で、製作に膨大な労力がかかるため値段も高く設定されています(“同一号5冊セット”で5千円。詳しくは専用ページでの案内を

それに対してこの“ウェブ版”は、原稿用紙換算でせいぜい4、5枚分の、字義どおりの“活動報告”的な内容が主となります(週2回程度更新)。いわば紙版は外山が“考えていること”の報告、ウェブ版は外山が“やっていること”の報告ということに、おおよそなるでしょう。ウェブ版のほうも、いずれ“一部有料化”の予定です。