『現代ニッポン論壇事情 社会批評の30年史』を読む, 活動日誌

石原慎太郎は自覚はなかったかもしれないが、新左翼的な文学の最初の担い手の1人。その初期作品は“プロレタリア文学”(外山恒一):『現代ニッポン論壇事情 社会批評の30年史』を読む(4)

『現代ニッポン論壇事情 社会批評の30年史』を読む (1)(2)(3)(4)(5)   前回からつづく   藤村 ……ちょっと質問。94ページの栗原発言に出てくる「ピテカントロプス・エレクトス」という […]

Read more
「平成批評の諸問題1989-2001」読書会, ゲンロン「現代日本の批評」を読む, 活動日誌

“批評”がなぜかつては“アカデミズムの知”よりも上位にあったかといえば、“批評”の背後に政治運動が存在していたからですよ-『ゲンロン』 「平成批評の諸問題1989-2001」を読む(6)

ゲンロン「昭和批評の諸問題1975-1989」を読む (1)(2)(3)(4)(5)(6)(7) ゲンロン「平成批評の諸問題1989-2001」を読む (1)(2)(3)(4)(5)(6) ゲンロン「平成批評の諸問題20 […]

Read more