『現代ニッポン論壇事情 社会批評の30年史』を読む, 活動日誌

「トランプ的なものに引き寄せられる人たちに対して、はたして文化左翼的なものというか、批評的なものがどのようにして付き合うか」という北田暁大の発言は重要な問題提起(外山恒一):『現代ニッポン論壇事情 社会批評の30年史』を読む(5)

『現代ニッポン論壇事情 社会批評の30年史』を読む (1)(2)(3)(4)(5)   前回からつづく   (「第三章 トランプが日本のリベラルに突きつけるもの」黙読タイム)   外山 では […]

Read more
「平成批評の諸問題2001-2016」読書会, ゲンロン「現代日本の批評」を読む, 活動日誌

批評シーンの中で東浩紀は一所懸命運動を志向している。しかし、ジャンルがなあ…… -『ゲンロン』 「平成批評の諸問題2001-2016」を読む(3)

ゲンロン「昭和批評の諸問題1975-1989」を読む (1)(2)(3)(4)(5)(6)(7) ゲンロン「平成批評の諸問題1989-2001」を読む (1)(2)(3)(4)(5)(6) ゲンロン「平成批評の諸問題20 […]

Read more
「平成批評の諸問題1989-2001」読書会, ゲンロン「現代日本の批評」を読む, 活動日誌

“批評”がなぜかつては“アカデミズムの知”よりも上位にあったかといえば、“批評”の背後に政治運動が存在していたからですよ-『ゲンロン』 「平成批評の諸問題1989-2001」を読む(6)

ゲンロン「昭和批評の諸問題1975-1989」を読む (1)(2)(3)(4)(5)(6)(7) ゲンロン「平成批評の諸問題1989-2001」を読む (1)(2)(3)(4)(5)(6) ゲンロン「平成批評の諸問題20 […]

Read more