「平成批評の諸問題2001-2016」読書会, ゲンロン「現代日本の批評」を読む, 活動日誌

東浩紀が1人で孤塁を守ってたような領域で〝東浩紀ひとり勝ち〟なのは当たり前(笑) -『ゲンロン』 「平成批評の諸問題2001-2016」を読む(2)

ゲンロン「昭和批評の諸問題1975-1989」を読む (1)(2)(3)(4)(5)(6)(7) ゲンロン「平成批評の諸問題1989-2001」を読む (1)(2)(3)(4)(5)(6) ゲンロン「平成批評の諸問題20 […]

Read more
活動日誌

“批評”がなぜかつては“アカデミズムの知”よりも上位にあったかといえば、“批評”の背後に政治運動が存在していたからですよ-『ゲンロン』 「平成批評の諸問題1989-2001」を読む(6)

ゲンロン「昭和批評の諸問題」を読む (1)(2)(3)(4)(5)(6)(7) ゲンロン「平成批評の諸問題」を読む (1)(2)(3)(4)(5)(6) →前回から続く    (「4.出版の衰退、大学と政治の回 […]

Read more
「昭和批評の諸問題 1975-1989」読書会, ゲンロン「現代日本の批評」を読む, 活動日誌

東浩紀自身が「『運動』の言葉」を紡ぐことを考えるべきなのに、そういう当事者意識がない。だからしょせん“観光客”でしかないってことなのか(笑) ・・・『ゲンロン』 「昭和批評の諸問題 1975-1989」を読む(6) (外山恒一)

ゲンロン「昭和批評の諸問題」を読む (1)(2)(3)(4)(5)(6)(7) ゲンロン「平成批評の諸問題」を読む (1)(2)(3)(4)(5)(6)   (5)からのつづき →    前々々々々回 […]

Read more